探偵のお仕事

探偵のお仕事の内容について

探偵の業務内容は相談、調査、書類作成が主となっています。 依頼者の相談に応じて適切な調査の提案をし、依頼を受けたら実際に調査に移ります。調査の結果は全て書類にまとめて依頼者に提出、その書類は法的効力を持つため、依頼者は然るべき用途に利用することができます。 ちなみに探偵は、「探偵業の業務の適正化に関する法律」があり、これに従い運営をしていくことになっています。信頼できる探偵を探す際に、探偵業法の内容について頭に入れておくと悪質な業者に引っかかるリスクも減るでしょう。 メイン業務は調査ですが、一口に調査と言っても様々な内容があります。例えば、浮気調査、素行調査、所在調査など・・・、さらに個人だけではなく法人からの依頼も受けています。

類似する職業について

探偵の類似業者に興信所があります。調査を依頼する際、探偵か興信所かどちらがいいのか迷う方も少なくありません。 結論から言いますと、双方ともに同じ業者と思って問題ないでしょう。どちらも個人や法人から依頼を受け、信用調査や行動調査を行っています。 ただ以前は、探偵は個人に対して、興信所は法人に対して調査を行うのが一般的でした。また、探偵の方が請け負う調査内容が幅広く、深い情報を得ることができるとされており、対して興信所は請け負う調査が限定的で、外枠的な調査しか行わないため深い情報を得ることができないとされています。 しかし、今はこのような違いはなく、依頼者の希望に応じて然るべき調査を行うため双方の違いを気にする必要はありません。